ばね指治療ガイド

ばね指の好発部位

親指や中指の付け根の関節に発生しやすい。(特に右手の親指の付け根)

ばね指の写真






好発年齢

30~50代の女性に多いと言われていますが、それ以外の年齢でも発症することはあり
また、女性の場合は妊娠中あるいは産後に発症するケースが多く見られます。

ばね指の原因

バネ指は腱鞘炎のなかの一つですが、腱鞘炎とは、指を曲げる時に使われる腱を囲んでいる
腱鞘という組織が炎症を起こすことです。

ばね指の原因として考えられるのが、第一に指の使いすぎによる炎症の発症ですが、
必ずしもそれだけではなく、女性の場合には産後や更年期などで
ホルモンバランスが乱れることにより引き起こされるケースもありますし、
関節リウマチや糖尿病が原因となっている場合もあります。

バネ指の原因について詳しく

バネ指の症状

バネ指の症状は、屈筋腱という、指をのばすときに使用する腱に発生し、
・指の屈曲が困難になる
・指をのばそうとすると引っかかりを感じる


また、ひどいものとなると、
・指が曲がったまま伸びない

などの症状があげられます。

バネ指の症状について詳しく

ばね指の治療法(治し方)

ばね指になって指が屈曲し伸びなくなった時、伸ばしずらくなった時などには
洗面器に暖かい水を張り、その中でじゃんけんのグーとパーを繰り返し、
指を曲げ伸ばしする時の痛みをやわらげて治していくという方法があります。

また、薬(消炎剤・鎮痛剤)やシップを使ったり、
整形外科でレーザーを当てたりして痛みをやわらげる方法もあります。

バネ指の治療法(治し方)について詳しく

バネ指になってしまったら

指が開かなくなった、または開きにくくなった場合は、
まずはしかるべき医療機関を受診してお医者さんに診てもらいましょう。
(診療科としては主に整形外科になります)

バネ指だと思っていたら外傷性の捻挫や骨折だったということも少なくありませんし、
そのような場合に自己診断でバネ指の治療をしたとしても、
治るどころか、逆に悪化してしまう恐れすらあります。

バネ指になってしまった場合について詳しく

子供のばね指

一般的にばね指の原因は指の腱鞘炎であることが多いのですが、子供の場合には少し事情が違ってきます。

小児の指の関節には"腱鞘"というトンネル状のものがあり、指の腱を囲んでいるのですが、
その指の腱の一部が膨らむことにより腱が腱鞘を通りずらくなる、
または通ることが出来なくなることにより、指をのばすことが困難になることが多いです。

子供のばね指について詳しく




【ばね指治療ガイド】-バネ指の治療法(治し方)
All Rights Reserved